スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新プロジェクト奮闘中

おっと、1ヶ月更新無しの広告が出てしまった。いかん、いかん。

この1ヶ月、何をしていたかというと、膝の怪我の回復のためにおとなしくしていたかというとそうではなく、新プロジェクトに突入しておりました。そのプロジェクトとは、年初に挙げていた抱負の一つです。その抱負とは、・・・

4. 天井の断熱(優先度 中)
夏も涼しい地域ですが、日中部屋の中は暑くなります。これは天井に断熱材が入っていないため。

NewYear02.jpg

ここを断熱すれば、夏の暑さはかなり違うはず。もちろん冬の暖房効果も上がります。夏が来る前に始めなければと思いつつ、季節的にはもう夏ですが、今年はこれまで冷夏?と思えるほど涼しいです。本格的夏が来る前にやってしまわなければ。と言いつつ始めたのが5月の後半でした。
さて、まずは計画編。太い垂木(ジョイスト)が目に付きますが、これは4x6材。これが32イン(813mm)ピッチで配置されています。この広いピッチに渡されているのが、4x8の野地板です。ちょっと特殊な構造のようにも思えますが、実はこの年代の家には割と多い工法のようです。
さて、この工法で一番オーソドックスな断熱法は、垂木の間に断熱材を入れ、天井材で覆ってしまうこと。これが一番手軽で断熱効果も高くできます。

roof01.gif

これが本命でしょうね。しかし、いくつか問題が。
一つが、ぴったりの断熱材がないと言うこと。32インチピッチで、垂木の幅を引くと28.5インチ(724mm)幅の断熱材が必要です。規格品でこんなに広いのは探した限りなさそうです。日本だと、90cm幅の断熱材があるので、それを切って使っても良いですが、こっちでは入手が難しそうです。
もう一つの問題は、デザイン面。今の重厚な棟木と、太い垂木のコンビネーションって結構気に入っています。4x6の垂木が、天井材ですっかり覆われてしまうのは、残念。
そこで、もう一ひねり考えました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なになに?

はやく知りたいです。
どうひねったのですか?

No title

いや、大したことじゃないんですが・・・
続きをお楽しみに。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。