スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールポンプの2スピード化-1

バスルームプロジェクトも一段落し、しばらくはペースを落とそうと思っていましたが、年内にやっておかねばならないことがありました。それは、プール用のポンプです。
アメリカでは、豪邸でなくてもプールのある家は多く、我が家にも小さなプールがあります。長さは10m位と大したことありませんが、深さは2.5mほどあり、水量はそれなりにあると思います。プールが、常に綺麗な水質を保つために欠かせないのが、プールポンプ。毎日ポンプを6時間回して、水を全量一回循環させる必要があります。うちの場合、年2、3回しか使わないのに、電気代がもったいないですね。

ところが、この「毎日ポンプを6時間回して、水を全量一日一回循環させる」というセオリーが、最近は変わってきているらしいのです。「水を全量一日一回循環させる」と言う点は変わりません。もっと、ゆっくり倍の時間をかけて循環させる方が、効率が良く電気代も低く抑えられるそうです。
車に例えると、普通のプールポンプはエンジン全開でブン回しているようなもの。高速道路を巡航するときは、アクセル全開でなく、アクセルをグッと緩めると目的地までは時間がかかりますが燃費は良くなります。
従来型のポンプは、1スピード。フルパワーのみです。そして、最近の省エネ目的のポンプは2スピードです。水を引き込むときだけフルパワー、通常運転時は省エネモードにするわけです。

我が家のポンプは、当然ながら昔ながらの1スピード。毎日6時間しっかり回っています。多分、かなり電気を食っていますし、動作音がかなり大きいのです。リビングの床下に設置されていて、タイマーで昼間回っているので平日にこの音を聞くことはありませんが、休日には「お、始まった」という感じで、かなりうるさいです。

pump01.jpg

それでも元気に動いているので、急ぐつもりもなかったのですが、電力会社のエジソンがこの種の省エネ装置にはリベートを提供しています。従来ポンプを2スピードの省エネタイプに換えると、$200のリベートをくれます。これは、利用しない手はないですね。しかも、期限は2009年中にインストールすること。おっと、これは急がねば。

そんなわけで、急遽次のプロジェクトとなった、プールポンプ交換。まずは、機種選びです。出力は、元のポンプと同じ1HP。プールポンプではメジャーなメーカーらしい、HAYWARD社のポンプにすることにしました。これで、2機種に絞られます。一つは安いが、何だか設計が古そうな外観。少し高くなりますが、新しく見えるTristar 2 Speed Energy Efficient Pool Pump 1 HP SP32102EE にしました。多分、効率もこちらの方が良いようです。

pump02.jpg

オンラインで、注文。ポンプ価格は$525ですが、送料とTaxで$612でした。リベートと電気代が低くなることで、1,2年で元を取れるはずです。ポンプは無事、数日で届きました。

pump03.jpg

いよいよ取り付けです。

(今回から、画像のサムネイルサイズを大きくしてみました。)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。