スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床下への水の回り込みをシャットアウト-2

プロに頼もうと言うことで、業者は決めていました。以前、下水が詰まってしまって、Mr. Routerを呼びました。この時は、ベテラン作業員がてきぱきと解決してくれて、お値段もリーズナブルだったからです。
今回は、いかにも新米の若者。頼りなさそ~、と思いつつ見積もりをお願いします。すると、ハイドロジェットを使って$800の見積もりです。高っ!!

この種の業者のツールは、主に二つ。前回使った電動のRouterと、配管内にフレキシブルなホースを突っ込んで、先端から高圧の水を排出して詰まりを取り除くハイドロジェットです。ハイドロジェットの動力は、大型のエンジン。Routerが割安で、ハイドロジェットが高いと言うことになっています。

とりあえず安いRouterを試してみて、駄目だったらまた考えてみると提案してみましたが、この状況だとハイドロジェットじゃないと駄目だと言います。ちなみに、前回も解決後に万全を期すためハイドロジェットを勧められました。この時の見積もりは$600。
前回の見積もりが$600と言いましたが、下水の方は1本だけ、今回の雨水の排水管はたくさんやらないといけないので、$800は割安と主張。ならば、前回勧められた下水のクリーンアップもついでにやってもらうことで、お願いすることにしました。

翌日、ハイドロジェットの装置を持ってきて、早速作業開始。大型のエンジンで、強力そうです。これならあっさり解決でしょうか。

water03.jpg

たくさん泥水が出てきますが、なかなか詰まりは解消しません。

water04.jpg

詰まりの場所を探すべく、あちこちの排水口からハイドロジェットを突っ込みますが、さっぱり場所を特定できません。「どう思う?」と相談される始末。
そこで、新米君は新兵器を投入。カメラを差し込んで、中の様子をモニタします。

water05.jpg

画面上は、泥水で視界が全くありません。これじゃ何もわからない。
次は、金属探知機が出てきました。ハイドロジェット先端の金属部を探知することで、詰まりの場所を特定する作戦です。しかし、電池切れで動かない! 電池を貸して上げた物の、結局はよくわからずじまい。

元々2時間程度の予定でしたが、半日かかって全く解決しないまま終わってしまいました。私は都合で最後まで立ち会えなかったのですが、最後は妻が対応。新米君は、予定通り$800を請求してきました。いわく、

1. 予定より大幅に時間超過して作業を行った。
2. 下水のクリーンアップはちゃんと行った。これだけでも、$600。
3. 雨水の排水管の詰まりは解決できなかったが、これは上司を連れて後日再調査する。これについては、チャージしない。

ってことでした。結局、妻は未解決ながら代金を払ってしまいまいた。新米君は、泥水だらけになった排水口の掃除をしていくと約束しましたが、結局それもせずに退散です。

後日、上司を連れてくると言うことで、しばらく待ってみましたが案の定連絡はありません。そんなこんなで、会社に強めの苦情を言った所、上司と新米君で再度来てくれました。

さて、上司の方はさすがに長年の経験で、詰まりの場所はすぐに特定しました。家の北側の一番西の部分でバックヤードに向けて配管が下りています。この部分が詰まっている。ここで、Routerを差し込みましたが、ある程度で回転が止まってしまい、それ以上進めません。
結局、詰まりがひどすぎてコンクリートを剥がして、配管を交換するしかないという診断です。これは大事。その見積もりが$2700!取り返しがつかなくならないうちにやった方が良いと脅されますが、はいそうですかと即答できる金額でもなく、保留することになりました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

悩ましいですねぇ

$2700は悩ましいですね。
何か他に方法があるといいのですが。

No title

とよたこさん
私も困っちゃいましたが、良い方法、遂に見つけました!
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。