スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェットバスプロジェクト-32

次は壁の塗装です。壁はぶち壊して、新たにドライウォール張り、ジョイントパッチとやってきたので、やっと塗装までこぎ着けました。
実を言うと、塗装はDIYの中でも嫌いな作業なんです。簡単そうで、面倒くさい。すんなり行きそうで、すんなり行かない。そんなところが嫌いな理由。おかげで、テンション下がり気味に作業開始です。
そんなわけで、奥さんを塗装隊長に任命。頑張ってもらいましょう。

Bath127.jpg

ジョイントパッチもたくさんあるので、全体にプライマーを塗ります。プライマーは定番のKILZ Premium。プライマーは白いので、真っ白なバスルームになりました。

Bath128.jpg

Bath129.jpg

何だか、このまま本塗りしなくても良いような感じ。でも、そうもいかないので、プライマーが乾くのを待って本塗りです。奥さんも私も、白系が良いと一致。私は真っ白がよいかと思ったのですが、ベージュがかった白が良いとの塗装隊長の提案により、ナバホホワイトに決定。

ここまで、快調です。バスルームからの眺めも最高!

Bath130.jpg


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も塗装中です。
プロに頼んだDrywallのインストールも、プライマを塗ったら粗が目立ち
自分で修復、ヤスリがけ、、、、、塗装はもうちょっとなんですが、
なかなか作業が進まないですね。

いい加減な職人が多い北米、日本の職人が細かいのかな?

No title

風呂場の最後の写真で全体像がつかめた。
広いねぇ。悪いけど笑っちゃうほど広い。何をするの?と思っちゃう。テーブル置いたら、ハダカで食事できるよね。いや、体操のほうがいいか。

そんなに思っちゃうのも、我が家のフロが狭すぎるせいかな。
立派です。よくぞ、ここまでやりぬいた。最後の壁の色で、また感じがドカンと変わるだろうね。

No title

魚さん
確かに、アメリカ人は大ざっぱ、日本人は繊細ですね。別の言い方をすると、アメリカ人は大らか、日本人は細かい。どちらが良いかは、ケースバイケースですね。あ、そちらはカナダでしたね。
また、職人の仕事に関しては、こちらでは移民してきたばかりの人がやっている場合が多いです。そもそも技術レベルが低いプロが多いと思います。おかげで、素人でもそこそこに仕上がる工法が発達していると思います。

No title

直大叔父さん
日本とアメリカではバスルームの使い方が違うので、そう思ってしまうんじゃないかと思います。
もう少し作業が進むと、本当の全体像が見えると思います。お楽しみに。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。