スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインバスルームにジェットバスを!プロジェクト-3

さて、ぶち壊しが終わってしまえば、文字通り建設的な作業です。普通ならここで、タイル床作業に入るところですが・・・ 我が家には、大きな問題が・・・

50年代に建てられた我が家は、築50年以上。一部の部屋でフロアに傾きがあるのです。日本だと、欠陥住宅!と言われそうですが、こちらでは割とよくあること。とは言え、不安なので購入時に業者に見てもらいました。その業者は何をするのかというと、家の下がっている部分を基礎から持ち上げて、基礎をかさ上げして本来のレベルを取り戻すという作業。アメリカらしい豪快な修理です。もちろん、安く済むはずはない。結果としては、
「構造上大きな問題は無いから、やらなくても大丈夫。むしろ、これ以上傾かないよう雨水の流れをコントロールすることが大切。」と言う診断でした。
これで一安心。雨水のコントロールは、また別の機会にご報告します。

そんなわけで、入居時にフローリングとカーペット張りを業者に依頼したので、その際にフロアのレベル修正をお願いしました。これで大半の部屋は修正されましたが、唯一残ったのが一番傾きのひどかったメインバスルームです。この際、修正しない手はありません。

どうやって修正するかと言えば、傾斜に合わせて、シムを作ってレベルを出して、その上にサブフロアを付けます。要は、床の沈んだ部分をかさ上げするわけです。

Bath09.jpg

これが、測っては2x3材を斜めにカットしていくというかなり地道な作業。何とか週末2回で修正完了。

Bath10.jpg

フラットな床は気持ちよい物です。
ちなみにトイレ部分は、あまりにもごつい鋳鉄の配管が付いていたので、樹脂の物と交換しました。

Bath11.jpg

取りはずした配管がこれ。超ヘビー級です。

Bath12.jpg

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。