スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メインバスルームにジェットバスを!プロジェクト-15

バスタブを所定の位置に設置できたので、次は配管です。まずは、排水の方から。排水の方は、樹脂の管を接着剤で貼っていくので、割と素人にも馴染みやすいです。
排水管は、ここから床下に落ちていきます。

Bath60.jpg

こちらは、床下。排水は、臭いが上がってこないように必ずトラップを設けます。

Bath61.jpg

配管を取り回して、既存の配管に接続します。

Bath62.jpg

バスタブ設置後の排水管は、スムースに完了。ここで週末は終了。次回、水とお湯の給水用の配管をすれば、テスト入浴が可能です。水漏れ等無いか、しっかり確認するためにも、この状態でお湯を張って、排水のテストをすることが肝要です。来週は、ジェットバスを体験できるか?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

予定通り着々進行ですね。
床下の材木がきれいなのに驚いた。木というのは何百年ももつということを実感!
ふと気がついたんだけど、フロを修理できるということは、別にシャワールームなんかもあるわけだ。60数年前、熊本の我が家にフロを据え付けた時、床のコンクリートが乾くのが待ち遠しかったのを思い出した。
やってることは同じでも、スケールは違う。そのどちらにも感慨!

ついでに高幡不動の我が家を初めて買った時のローン金利を思い出した。1977年当時で住宅金融公庫が4%台、厚生年金基金が6%台、足りない分を市中銀行から8%台。今はその半分以下に下がってるけど、まだ文句を言ってるやつが多い。

今、選挙の真っ最中だけど、国民を甘やかすことばかり、、、
アメリカはまだ少しは本音が通用しているような気がするけど、どうなんだろう。

No title

直大叔父さん
今週は予定より全然進行しなかったし、なかなか思い通りには行きません。もっとも、そういうことは多々起こるというのは織り込み済みですので、そう言う意味では予定通りなのかも。
お祖父さんの家の五右衛門風呂、懐かしいですね。子供の頃入りました。

アメリカも借金漬けですので偉そうなことは言えないでしょうが、政策にスピード感がありますね。これは、日本も見習って良いと思います。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。