スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンにバックスプラッシュ

我が家のキッチンですが、カウンタートップのバックスプラッシュだけで、その上の壁はドライウォールそのままになっていました。

BS09.jpg

はっきり言って、本格的な料理はしないので、これでもほぼ実用的には問題ありません。しかし、妻からのたっての要望で、バックスプラッシュを付けることにしました。確かに、見栄え上もあった方が良いしね。
家のキッチンは窓が多いので、必要なのは2カ所だけ。

ここと、

BS01.jpg

ここ。

BS02.jpg

さて、どんなバックスプラッシュにするかが問題です。最近はガラスタイルが流行ですが、はっきり言って好みじゃない。数年経つと、あ~こんなの昔流行ったよね、と言われている気がします。マーブル(大理石)の落ち着いた色合いのタイルにしました。見栄え良く、千鳥状に張っていきたい、そして手間はなるべくかからない方法で。
というわけで、こんなタイルを購入しました。

BS04.jpg

開けるとこうなっています。

BS05.jpg

網状のシートに1sqf分のタイルが張ってあります。これなら簡単! もちろん、この形のまま張れるところは簡単ですが、端やコンセント部等は、タイルのカットが必要なのでそれなりに大変です。

まずは、邪魔なオーブンをどかします。ウワッ!!!

BS03.jpg

ネズミが三匹。
実はこれ、うちのネコのおもちゃ。最近見ないなと思ったら、こんなところに避難していたんですね。

BS06.jpg

モルタルではなく、より手軽なマスチックで張っていきます。バックスプラッシュならマスチックでOK。お手軽なので、半日で張り終わりました。
目地の色でも、ぐっと表情が変わりますが、安直に家に余っていた目地用モルタルを使いました。

BS07.jpg

もう少し、目地が濃いかと思ったのに・・・・

BS08.jpg

逆光でみにくいですが、タイルとほぼ同色でした。ま、良いか。
写真ではコンセントのカバーがまだ付いていませんが、この後、スペーサーで高さを合わせて、カバーも無事付けてほぼ1日で完成!
まずます、良い感じになったんじゃないかな?

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【キッチンにバックスプラッシュ】

我が家のキッチンですが、カウンタートップのバックスプラッシュだけで、その上の壁はドライウォールそのままになっていました。はっきり言って、本格的な料理はしないので、これでもほぼ実用的には問題ありません。しかし、妻からのたっての要望で、バックスプラッシュを...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。