スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイアガラの滝への旅行-4

日が変わって、旅行3日目、ナイアガラ2日目です。
前日は曇りがちで寒かったのですが、この日は雲一つない快晴。気温も高く、最高でした。

2回目で滝全体の写真は快晴ですが、実はこれは当日ではなくナイアガラ2日目の写真。やっぱり映りが全然違うので、2日目の写真を掲載しました。

滝は前日堪能したので、本日はバスでセットチケット最後のアトラクション White Water Walkに向かいます。ナイアガラの滝の下流(北方向)が急流になっていて、そこを河のすぐ近くから眺める趣向です。滝と平行に橋が架かっています。

Naiagara18.jpg

入り口付近からの眺め。

Naiagara19.jpg

急流は生だとかなりの迫力です。

Naiagara20.jpg

ここは、泳ぎの名人が向こう岸まで泳ぎ着こうとチャレンジしていますが、これまで泳ぎ着いたのはわずか2,3人。他のチャレンジャーの多くは亡くなっています。それを聞いて、私も自重しました。

これでチケットに含まれる有料アトラクションは終了。しかし、バスは他の観光スポットにも連れて行ってくれます。更に下流にいくと、渦潮のポイントがあります。

Naiagara21.jpg

確かに、渦が巻いています。急流から河が方向転換するので、自然と巻くようです。ここから、ケーブルカーが出ていて、渦潮の真上から見ることができるのですが、岸からでも十分見えるし、お値段も高いので誰も乗っていませんでした。そのうち、潰れちゃうんじゃ?

もう一つ下流に行って、川岸まで下りるトレイルです。こちらは無料。

Naiagara23.jpg

これは、トレイルの入り口に表示してあった地図。この地図は、絶対必要。なければ、どこにいるのかどこに向かっているのかわかりません。iPadで撮影して、地図を見ながら散策できたので迷うことなく楽しめました。旅行には、iPadは必需品ですね。
地図上で、トレイルが色分けされていますが、現地でも岩や木に同じ色でマーキングがしてあり、どの道にいるのかわかります。ここが入り口。

Naiagara22.jpg

半洞門! なかなか良い雰囲気でしょう?

Naiagara24.jpg

河の水を触ることができる位置まで下りることができます。水はほどほどに冷たかったです。

Naiagara25.jpg

岩もなかなかの迫力。
入り口付近にある、カルチャーセンターからの眺めです。

Naiagara26.jpg

ここのトレイルは、下流域では一番楽しめたかな。お勧めです。ナイアガラ河下流域の旅は、もう少し続きます。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ナイアガラの滝への旅行-4】

日が変わって、旅行3日目、ナイアガラ2日目です。前日は曇りがちで寒かったのですが、この日は雲一つない快晴。気温も高く、最高でした。2回目で滝全体の写真は快晴ですが、実はこれは当日ではなくナイアガラ2日目の写真。やっぱり映りが全然違うので、2日目の写真を掲載?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

激流の波の写真はなかなか迫力があるね。僕は自然の凶暴さを見ると、何かぞくぞく血が騒いで気分がよくなるんです。だから大雨の時など、わざわざ川の近くに行って眺めています。
こんな老人が、台風の時に田んぼを見回りに行って、溺れ死にしているのがよく新聞に載っているね。

こちらでは先日、竜巻が起こって、以後、ちょっと積乱雲が発達すると、気象庁から注意警報がだされます。そこまで気にする必要はないと思うんだけど、、、

ここまで生きてくると、自分は運がいいと信じて、あまり心配しないことにしています。君もその素質がありそうだ。

No title

直大叔父さん
この急流には、私も血が騒ぎました。でも、大雨の時には血は騒ぎません。

日本の竜巻はすごかったですね。気候が変わりつつあるようですね。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。