スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プールサイド見栄え向上プロジェクト-3

またまたご無沙汰してしまいました。最大の原因は、この高圧洗浄機によるペンキ剥がしがとても地味な作業だと言うこと。プールサイドも結構な広さなので、この1ヶ月もくもくと作業しました。

最大の問題は、前回も書いたように、どうしても剥がれない部分。水圧が駄目なら別の方法でやってみました。

poolside10.jpg

まずは、ペイント剥がし材。これでバッチリかと思ったのですが、イマイチ効きが弱いです。一缶で本当に限られた面積しか剥がれません。というわけで、これはボツ。

poolside11.jpg

どうしようと考えていた時に閃いたアイディア。塗装が劣化している部分は、水圧でどんどん剥がれますが、劣化していない部分は剥がれません。ならば、劣化させればいいのでは!バナーであぶれば、熱で劣化するはず。良いアイディアと思ったのですが、やはり今一つでボツ。

続いて写真は無いのですが、電動ツールで表面を削り取る方法です。さすがにこれは効きますが、本当に大変。とてもじゃないけど、やりきれません。やはりボツ。

結論として、完璧にペイントを取り去るのは諦めました。このままでも、結構良い感じになったと思います。

poolside12.jpg

poolside13.jpg

poolside14.jpg

コンクリートそのままも悪くないですね。これにて完了、と思ったのですが、家の奥様から
「もちろん、ステインで塗るんだよね!」
と言われました。わかりました、やりましょう。でも、ペイントはがしに疲れたので、別プロジェクトで気分転換しようと思います。

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【プールサイド見栄え向上プロジェクト-3】

またまたご無沙汰してしまいました。最大の原因は、この高圧洗浄機によるペンキ剥がしがとても地味な作業だと言うこと。プールサイドも結構な広さなので、この1ヶ月もくもくと作業しました。最大の問題は、前回も書いたように、どうしても剥がれない部分。水圧が駄目なら?...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

涙ぐましいね、プール維持にそれだけの経費と労力が必要だとは!アメリカはプラグマティズムの世界と思っていたけど、案外、見栄っ張りの努力家が多いのかなぁ。
でも、そういう気質って経済発展にも影響がありそう。我れわれの時代は田舎から都会に出て、マイホームを建てるのが男の意地や義務のようなものだった。安月給でローンを組んでね。車だってそう。

現代では田舎から出てくる若者は少ないし、家は親父が建てたのを貰えばいい。車も買えないやつは「もう、いらない」と言い始めた。
見栄ってかなり努力を刺激して、世界を動かすものかもしれないね。今の中国人も韓国人も、かなりの見栄っ張りだものね。

No title

見栄っ張りというか、この点に関しては別の理由があります。
アメリカの住宅市場は、8割が中古住宅。この界隈だと9割を超えると思います。私の家も、築60年くらい。
やはり築年数が高いと色々問題もあるわけで、購入時にある程度大金をかけて一気に直してしまうのも手ですが、購入時には最低限の手直しをして、済みながらコツコツ直していくのも手です。
私の場合は、DIYが趣味でもあるので、後者になります。
後者のメリットは、やはり経費が大幅に節約できることですね。このプロジェクトにかけた費用は、ここまで100ドルちょっと(約1万円)。確かに、半端ない労力が必要なので、趣味じゃないと節約目的では続かないでしょうね。
日本は、圧倒的に新築信仰が強いですよね。中古住宅にしても、築浅が絶対条件。その点、アメリカは直して綺麗にすれば、築何十年でも問題無いし、立地が良ければ値は基本的に上がっていきます。値が上がるので、リモデルもやりがいがあります。
そういう意味で、プラグマティズムと言えると思いますが、確かにアメリカ人は見栄っ張りですね。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。