スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミ騒動

以前住んでいたTorranceの一戸建て、現在は貸しています。テナントから、緊急電話です。
「ネズミが出た~~! 信じられない。ネズミ退治してくれないと、恐ろしくてこの家には住めない!。」
なんて、大袈裟な。ネズミホイホイでも置いてくださいな。大体、入居して2年くらいなるわけだから、原因は家と言うより、住人の方が大きいのでは? 
と言う本音はぐっと飲み込みました。テナントはパニック状態だったので、怒り狂いそうな勢い。しょうがないので、ペストコントロールの業者を手配しました。

診断としては、クロールスペース(基礎下)の出入り口がブロックを置いてあるだけで、床下へのネズミが出入り自由。これが問題。まずこれを遮断することが肝心。しっかり遮断した後に、床下にネズミホイホイを置き薬を散布。これでネズミ撲滅の予定。
とは言え、業者さんは家の状況は極めて普通で、そんなに大騒ぎするような事ではないと言うことをテナントに説明してくれました。テナントがあまりに大騒ぎしているので、気の毒に思ってくれたみたいです。

クロールスペース出入り口のフタは、自分で手配するように言われたので、DIYでやることにしました。材料はHome Depotで調達。会社の帰りに取り付けてきました。夏時間で日が長いので助かります。

Crawl1.jpg

出入り口は2箇所なので、もう一つ。こっちは耳を一部カットする必要があり、植え込みも邪魔で、少し大変でした。

Crawl2.jpg

壁はスタッコ(モルタル)なので、ドリルで大きめの穴を開けて樹脂のネジ受けを差し込みます。そして、ネジ留め。なかなか綺麗にできました。これで、解決と行きたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

自分がちょっとでも損すると思ったら、すぐ大声を上げる。日本も似てきたね。以前のマンションで私が理事長の時、「上の階の子供の走る足音がうるさい」との苦情が多かった。あまりにくどいので、
「私の部屋でも聞こえますが、自分の子供もあんな時代があった。可愛かったなぁ、、,と思い出させてくれる。走り回ってる姿を想像して楽しんでますよ」
と言ったら黙っちゃった。

最近つくづく思うけど、貧乏の時のほうが心が豊かで、余裕があった気がする。介護の問題だってそうだね。昔は介護保険なんか無くても、誰も心配してなかった。

最近中国の友人と話して笑っちゃった。
「中国ではやがて5億人の老人が出来るけど、日本みたいに心配してないよ。用が無くなったら、昔のように死んでいくだけだから」
さすが気宇壮大な国です。

No title

無茶な苦情の大元は、日米ではちょっと違う気がします。アメリカでは、なにしろ自己主張が強いので、それに起因していると思います。日本は、ご指摘の通り、昨今の余裕の無さが原因かと。
別件、連絡ですが・・・
青島満帆さんが復帰されたので、「昭和ひとけた戦中記」にコメントをつけておきました。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。