スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超お薦め!DREMEL MULTI-MAX

DIYにとって、ツールはとても大切です。とは言え、プロみたいに高価なツールはなかなか買えないのも事実。本当は、腕が未熟だからこそ、良いツールに助けてもらいたいところなんですけどね。

このタイプのツールに初めて関心を持ったのは、昨年、テレビのインフォマーシャルでした。FEINのMULTIMASTERというツールです。これは新しいタイプのツールですね。バリカンみたいなもので、それで木や金属をカットできます。刃の動きが小さく、先端が出ているので、狭い場所や微妙なカットもお手の物。番組の中では存分に、その便利ぶりを見せてくれました。強烈に欲しくなりましたが、価格は$499。おいそれとは買えないので、様子見。
そうこうしているうちに、ビッグプロジェクトのバスルームリモデルを始めました。未だに、買おうかな、どうしようかなと思っていると、何とHome Depot に何やら見覚えのあるツールが・・・。FEINではなかったのですが、DREMEL MULTI-MAXというツールでした。しかも、価格は$99。機能的には、全く同じです。
冷静になると、これだけ価格が違えば、類似品といえどかなり違うはず。パワー、耐久性、切れ味、ともにぐっと落ちると思った方が良いでしょう。とは言え、この価格は魅力!というわけで、買いました。
早速、筋交いのカットで出番です。

Multimax01.jpg

矢印部分のカット、さー、どうしましょう。丸鋸は届きません。レシプロソーか手鋸でしょうかね。いずれにしても苦労しそう。しかし、MULTI-MAX なら・・・

Multimax02.jpg

あっさりカット完了。

Multimax03.jpg

切り口もこの通り。
ウッドやドライウォールの細かいカットにはピッタリです。タイル用の刃もあります。一応金属も切れることになっていますが、確かに切れるんですが、すぐに$10の刃が駄目になってしまいます。できるだけ、金属には使わない方が良さそうです。
安物買いの銭失いかと危惧しましたが、かなり使えるツールです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

物の値段が信じられなくなる話だね。だけど魅力はある。我が家のDIYは大きなものを捨てる時ぐらい。
先日、客が泊まるので、屋上に雨ざらしにして朽ちかけていたテーブルを捨てることにした。上の台はもろくなっていたが、雨に当たらない部分は憎らしいほど頑丈。ゴミ屋さんに持っていってもらうために、手鋸で小さくするのに苦労した.マックスがあれば、、、と今、思ったよ。

でも子供のころはもう少しスケールの大きいことはやったな。終戦後、引き揚げて来て、戦災者住宅を買った。6畳、4,5畳、3畳が全て。そこに8人家族が住んだ。あまりにも狭い。
最初に台所を継ぎ足し、次にフロ場。柱と屋根組みだけはプロにやってもらって、あとは兄貴と僕が造った。壁を竹で組んで,それに稲わらを刻んだ泥で壁を造った。思い出したよ。

No title

価格なりの違いはあると思いますよ。
FEINは高級ナイフ、MULTI-MAXは便利に使える100円カッターナイフ的な違いだと思います。

> 6畳、4,5畳、3畳が全て。そこに8人家族が住んだ。あまりにも狭い。

こちらでも似た状況が。不景気のカリフォルニアですが、人口はまだまだ増加傾向。しかし、アパートも空き家が目立ってきています。ローン支払いに苦しむホームオーナーは、部屋貸ししたりガレージを部屋に改装して貸したり。アパートや借家住まいの人も、こっそり2世帯、3世帯で住んだり。皆、たくましいです。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。