スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天才ドライバー成瀬さんが事故死、ご冥福をお祈りします。

トヨタのチーフテストドライバー、成瀬弘さんがドイツでテスト走行中に事故死したと報道されています。

私は、以前トヨタ自動車に勤務しており、成瀬さんを個人的に知っていましたので、このニュースを聞いて本当にショックでした。

成瀬さんとの出会いは、私がまだトヨタの新入社員だった頃。大学の部活は自動車部に所属し、モータースポーツに興じておりました。トヨタに入社してからも、その熱は収まらず、あるトヨタ社員Kさん宅のガレージに出入りするようになりました。その方の自宅ガレージは、整備工場、いやチューニングショップ並みに設備が充実しており、走り屋さんにはまたとない環境でした。走り屋というと、端からは暴走族と見分けが付かない部分もあります。学生時代にやっていたラリーは、公道を使う競技ですので、練習は峠道や林道。車も競技規則に則って改造するとはいえ、当時は厳密に言えば違法改造状態。私は社会人になったからには、どうどうと活動できるよう、ナンバー無しのレース(ダートトライアル)専用車両で思いっきり改造して楽しもうと、エンジンをばらしたりして車作りに励んでおりました。Kさんもそんな私に興味を持って、ガレージを使わせてくれ、色々と教えてくれました。現在のDIY熱も、その頃の経験が多分に影響を与えています。

そんな環境ですから、Kさんのガレージには、トヨタの走り屋さん達が集まっていました。そんな中にいたのが成瀬さん。集まるメンバーは若い人が多かったのですが、成瀬さんだけは年が離れており、第一印象は何か偉そうにしているオッサンだな~、と思いました。実際には気さくな性格で、色々と声をかけて話をしてくれました。

その後、周りの人から成瀬伝説を教えてもらいました。

私が入社する前、WRCサファリラリーでトヨタがセリカで初優勝しました。その年、ドライバーのワルデガルトとカンクネンがトヨタの技術部に凱旋訪問。トヨタ技術陣が見守る中、テストコースでWRCセリカを使いデモ走行とタイムアタックを行いました。ドライバーは、3人。そう、トヨタのトップドライバー成瀬さんも参加です。
果たしてその結果は・・・ 何と成瀬さんのタイムはWRCドライバーを上回っていたのでした。そして付いたあだ名がナルセガルド。
トヨタには、優秀なテストドライバーがたくさんいるのですが、常に頭一つ抜けて成瀬さんがトップドライバーでした。
その後私は、成瀬さんと同じ部署に移動になりました。直接一緒に仕事をする機会には恵まれませんでしたが、現場で顔を合わせることは多く、いつも挨拶をしたものです。

そんな個人的関係もあっただけに、今回の事故は本当に残念です。事故については、詳細が公表されていませんので何とも言えませんが、どうしても考えてしまうのが、67才という年齢。いくら天才ドライバーといえど、後進に道を譲っても良い頃だったんじゃないかと思います。とにかく、残念で悲しい。

成瀬さんのご冥福をお祈りします。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。