スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グランドサークルの旅-その3 完結

5回くらいに分けて書こうと思ったこの旅行記。気がつけば3月も終わりそう。というわけで、駆け足で完結させます。
3日目はアンテロープキャニオン。トラックの荷台に載って現地に向かいます。

GrandCircle18.jpg

ここはとにかく圧巻。この旅で、一番の見所でした。写真をご堪能ください。

GrandCircle22.jpg

GrandCircle21.jpg

GrandCircle20.jpg

GrandCircle25.jpg

GrandCircle24.jpg

GrandCircle26.jpg

GrandCircle27.jpg

とにかく、美しいの一言。グランドサークルで、ここは見逃せません。

続いて向かったのはモニュメントバレー。

GrandCircle32.jpg

どこかで見たような風景です。ここはその風景の特異さから、よく映画のロケ地に使用されています。古くは、『駅馬車』や『捜索者』などの西部劇。『2001年宇宙の旅』などのSF作品にも使われています。

GrandCircle33.jpg

GrandCircle36.jpg

GrandCircle35.jpg

3日目の観光はこれでお終い。ここまで天候にはとても恵まれました。4日目のグランドキャニオンのホテルに向かって出発です。7時にはホテルに到着して夕食の予定。ところが!道中雪が降ってきました。

GrandCircle37.jpg

グランドキャニオンへの近道が雪で通行止め。雪でスピードも出せないとあって、ホテルに着いたのは夜の12時。今回、初のハプニングでした。

翌朝は予定通り、日の出前からのグランドキャニオンのウォーキングツアー。

GrandCircle38.jpg

雪はやみましたが、果たしてお天気は?

GrandCircle39.jpg

やっぱりダメです。しかし、皆の願いが通じたのか、にわかに晴れてきました。

GrandCircle40.jpg

霧がみるみる動いていくのもまた幻想的でした。

この日は、12月31日です。旅の最後はラスベガスでカウントダウン。12時なると同時に、大量の花火が打ち上がりました。

GrandCircle42.jpg

こういうカウントダウンでは、異様にテンションが上がるもの。昔、若者のちょっとクレイジーな街の経験では、12時になると同時に、肩車された女の子達がトップレスでHappy New year!と叫んでいました。クレイジーな街、ラスベガスならきっともっとすごいことが?
という期待も虚しく、皆さん、いたってお行儀が良かったです。考えるに、このカウントダウンの瞬間は、ほとんどの人がスマホを持って、その瞬間を写真や動画に納めています。そして、それらはすぐにSNSにアップ。そんなところで、トップレスなんてできるもんじゃありません。スマホの普及は、公序良俗にも役立っているのかも。

カウントダウンが終わったら、ホテルには泊まらず一路ロサンゼルスへ。翌朝には到着し、5日間の旅は終わりました。
ツアー旅行はこれまで気が進みませんでしたが、運転しないでよいのはなんともラクチン。ガイドさんの説明も楽しかったし、効率的に低価格で回れるのは良かったですね。
反面駆け足観光になってしまうので、ツアーでざっくり観光して、気に入ったところを個人旅行でじっくり見るのが良いと思いました。
スポンサーサイト

グランドサークルの旅-その2

その1からすっかり間が空いてしまいました。自分の記録のためにも、アップしておかなければ。では、2日目を写真主体で。

ザイオン国立公園
GrandCircle06.jpg

GrandCircle07.jpg

GrandCircle08.jpg

GrandCircle09.jpg

GrandCircle10.jpg

格子状の模様が、珍しいそうです。

続いてブライスキャニオン国立公園

GrandCircle11.jpg

GrandCircle12.jpg

GrandCircle13.jpg

ここは、ブライスポイント。

GrandCircle14.jpg

GrandCircle15.jpg

GrandCircle16.jpg

折れちゃいそう。

GrandCircle17.jpg

ザイオンもよかったですが、ブライスキャニオンはすごかったですね。また、ガイドの岩澤さんが細かいところまで、説明してくれのも良かったです。もっとも、そんな細かいところは、忘れちゃったんですが。
ザイオンとブライスキャニオンで、2日目は終了。

グランドサークルの旅-その1

年末に三泊五日のグランドサークルの旅行に行ってきました。今更ですが、忘れないうちに個人的記録の意味も含めてアップしておきます。

そもそも、グランドサークルとは何かというと、これです。

100609_gcmap.gif

この半径230kmの円内は、国立公園密集地になっていて、絶好の観光スポットです。10の国立公園、16の国定公園、19の国立モニュメントや州立公園が、含まれています。しかし、半径230kmです。隣のカリフォルニア州からと言ってもかなりの距離。これまで旅行と言えば、ほとんどが個人旅行でしたが、そうなると超長距離運転が必要になります。冬の季節となると、積雪の心配もありますし、何より私達夫婦は長距離運転が大嫌い。というわけで、どうしたものかと思っていたら、手頃なJTBのバスツアーを発見。年末のお休み中と言うこともあって、ツアーに参加しました。ツアー代金は、一人$600。これで交通費、宿泊費、観光代は全て含まれます。食事代は、自腹です。
ツアー全行程で、1800マイル(3000km弱)。これは日本縦断とほぼ同じ距離。ラクチンバスツアーで正解でした。

ツアー初日は、早朝からJTBのオフィスに集合。皆さん、時間厳守で余裕を持ってちゃんと集まっており、集合時間=出発時間。さすが日本人。その後、Orange Countyのホテルでお客さんをピックアップ。一路、ラスベガスに向かいます。
ツアー参加は、約40人となかなかの大人数。バスガイドさんは、こちらでは有名な名物ガイドの岩澤さんです。

GrandCircle01.jpg

何度も自分で運転して行ったラスベガスへの道ですが、途中岩澤さんが色んな見所やウンチクを紹介してくれます。これまで自由の利かないツアーは敬遠していましたが、これもなかなか良いもんです。
そして、お昼にラスベガスに到着。

GrandCircle02.jpg

ここで、ランチとここから合流の人をピックアップ。ラスベガス合流組は、ほとんどが日本からの参加者のオプショナルツアーの形。ロサンゼルスからの参加者のほとんどは地元組。日本からの人は、地元組が多いのに驚いていました。ここからは、車内で自己紹介タイムもあって、なかなかなごんだ雰囲気。
これがツアーバスです。

GrandCircle03.jpg

車内トイレもついているので、長距離も安心。ただし、小はOKだけど、できるだけ大はしないでという御願いがありました。いわゆるポットン便所で旅行中ずっと積んでいくので、大は臭っちゃうそうです。私は、小の方は何度かお世話になりました。

日も暮れた頃に、ザイオン国立公園手前のBest Westernに到着。(写真は翌朝)

GrandCircle04.jpg

広さ十分、Wi-Fiも完備で言うこと無し。難を言えば、暖房がうるさかったことくらい。
まだ、国立公園に入っていませんが、ホテルのパーキングからでもこの眺望。

GrandCircle05.jpg

これは期待できそう。いよいよ、観光本番の始まりです。



Lighthouse 1.16号にインタビュー記事が掲載されました

ロサンゼルス、サンディエゴ在住の方にはお馴染みの、日本語生活情報誌 Lighthouse誌。スマホの「アプリを使いこなす」という特集記事が掲載されています。この中で、私のインタビュー記事が55ページに載っています。

ロサンゼルス、サンディエゴ在住の方、ぜひご覧になってください。

特集記事本文とアプリ紹介も、多くは私のインタビューに基づいて書かれています。このインタビューが行われたのが、昨年末。編集者の方に、自宅に来ていただいてインタビューを受けました。

Lighthouseさんには、昨年も新年号に「2012年のIT界の行方」的な記事を掲載いただきました。次はいつになるでしょう?

あさみさんご夫妻が来訪

もう10月のことなんですが、ブログにアップしていなかったので、今更ながらの公開です。

カリフォルニア日本人DIYブロッガー(前置きが長い)のスーパースター、あさみさんご夫妻がサンディエゴから拙宅に遊びに来てくれました。結婚20周年でサンタモニカへ行ったついでに、立ち寄っていただきました。

なのに、あいにくどんよりの曇り空です。

Asami10.jpg

晴れていたら、こんなビューなのに。

Asami11.jpg

ランチは、お約束のBBQでした。

Asami12.jpg

普段、ご自身のブログでも顔を出していないあさみさん。「顔出しはまずいですよね?」 と聞いたら、意外にも「別に大丈夫ですよ。」のお答え。
しかし、その後、「やっぱり、辞めとこうかな。」となりました。そこで、こちらのショットです。

Asami13.jpg

あさみさんのファンの方、残念でした。

あいにくの曇り空でしたが、旦那様はうちの斜面のバックヤードを見て、かなりインスピレーションが湧いたようです。あさみさんのお宅は、広大な未開拓の斜面の庭があるので、道を付けて利用できるようにしたら、素敵になりそうです。

プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。