スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖炉リモデルプロジェクト-11 最終回費用編

さて、無事完成した暖炉リモデルですが、果たしていくらかかったのでしょう。
今回は、事前に$1500の予算を見積もりました。しっかり計算したわけではなく、このくらいかなという勘です。以前は、この見積もりと実際の乖離が大きく、妻から不評でしたが、最近は当たらずとも遠からずになっています。

Eldorado Stone $536.68
タイル(手前部分) $165.30
タイル(ブラックグラナイト) $27.14
ガラスドア $154.00
マンテル $287.98
その他諸々 $376.69

合計 $1547.79

$47.79のオーバーでした。う〜ん、惜しい。

反省点としては、Eldorado Stoneを買いすぎてかなり余ってしまったこと。適量を購入していたら、予算内に収まったはずです。

とは言え、内容からすると安く収まったと思います。安く上げることのポイントは、既製品をしっかり利用したこと。

fireplace63.jpg

画像を見てわかると思いますが、うちの暖炉の開口部は普通より横に長く、縦は短いのです。実際の開口部は、48インチx23.5インチ程度。既製品で圧倒的に多いのは、32インチ幅の開口用です。
とは言え、48インチ用は少ないながらもありました。48インチ用の安いガラスドアを見つけたのが安く上げたポイントでした。もし、カスタムで作ると、それだけで$1000以上になったと思います。
ドアの幅が合ったのは良いのですが、高さが開口部よりぐっと高くなります。これは、開口部分に真っ黒なタイルを貼ることで調整しました。

fireplace50.jpg

これで、不自然にならず仕上がったと思います。当初予定になかったマンテルも、付けて良かったと思います。

暖炉はリビングのフォーカルポイントですので、リモデルの効果は大きいと思います。DIY好きの方はぜひ。
スポンサーサイト

暖炉リモデルプロジェクト-10

ちょっと時間が開いてしまいましたが、今回はお約束通り、暖炉リモデルプロジェクトのBefore &After です。

Before
fireplace02.jpg

After
fireplace53.jpg

Beforeでは、Fireplaceは常時開放。家にはネコがいるので、これは危険。ネコって穴大好きですから、こんなとここにはすぐに隠れちゃいます。そこでスクリーンを置いていましたが、これが不安定でネコパンチ一発で倒れそう。それを防ぐため大理石を置いていましたが、なんともみっともないですね。
Afterでは、ガラスドアを付けました。これで、ネコが隠れる心配はなくなりました。安全上だけでなく、デザイン的にも美しくなったと思います。
また、周りをマンテルで覆ったのもゴージャスになったんじゃないかと思います。
ところで、スクリーンが不要になりましたが、ほしい方いらっしゃいますか? 取りに来ていただける方には、差し上げます。

Before
fireplace01.jpg

After
fireplace59.jpg

全体像です。古びた感じになっていた人工大理石。写真ではよくわかりませんが、割れや剥げも。Eldorado Stoneは古びたら、それはそれで味わいが出そうです。
手前の部分をどうするか悩みましたが、ちょうどHome Depotでスペシャル品として売っていた、24x12のNatural Stone タイルにしました。これはSqfあたり$3.79と結構高い物でしたが、正解だったと思います。

Before
fireplace03.jpg

After
fireplace60.jpg

ちょっと角度は違いますが、平面的なBeforeとデコボコのあるAfterというのがわかると思います。

この後は、Afterのみの写真。
fireplace61.jpg

早速火を入れてみました。なかなか良い雰囲気ですね。実際には滅多に火を入れることはないのですが。実は相当古い暖炉なのですが、すっかり新しくなりました。ただし火の付け方は、旧式です。

大満足していましたが、完成1週間後、大問題を発見!

fireplace62.jpg

何と、下側の目立たない部分に貼り忘れが。もちろん、すぐに貼りましたが、なんとも間抜けでした。

次回は、最終回。いくらでできたか検証します。

暖炉リモデルプロジェクト-9

完成までもう一息。今週末で余裕で終わる予定。

まずは、タイルの上にガラスドアのレールをネジ留め。

fireplace45.jpg

タイルに穴を開けますが、ナチュラルストーンタイルは、柔らかいので楽勝。その下がコンクリートなので、下穴を開けて、コンクリートビスで固定。
そして、いよいよマントルの取り付け。まずは、ポストと上側の部材をネジ留め。

fireplace46.jpg

そして、定位置に置きます。

fireplace47.jpg

ピッタリ。ネイラーで下地の2x3材に固定。

fireplace48.jpg

そして、一番上の部材を取り付け。

fireplace49.jpg

格好いい! 今度は、上側のレールを取り付けます。

fireplace50.jpg

スペーサーを介して、取り付けています。
そして遂に・・・・

fireplace51.jpg

ガラスドアが付きました。でも、まだ終わっていません。
最後に、内側のトリムを取り付け。

fireplace52.jpg

遂に完成です!

fireplace53.jpg

作業中の2ヶ月弱は、リビングが作業現場とかしておりましたが、やっと片付きました。
次回は、Before & After など。



暖炉リモデルプロジェクト-8

石張りが終わったので、あと一息。でもまだ細々としたところが残っています。
まずは、マントルの内側。タイルを張りますが、真っ黒なブラックマーブルを選びました。ナチュラルストーンです。なぜブラックかというと、それはガラスドアを付けた時にわかると思います。

fireplace38.jpg

ここもタイルのカットが必要。

fireplace39.jpg

メガネとマスクを外したところ。炭鉱夫のよう。メガネとマスクは欠かせませんね。

目地も当然ブラック。初めてブラックのグラウトを使用しました。

fireplace40.jpg

そして、目地入れ。順調です。

fireplace41.jpg

その後、手前部分のタイル張りの続きです。ここは結構大変だったんですが、写真をあまり撮ってないので簡単に。

fireplace44.jpg

側面部は、2x4で仮の支えを設置します。このタイルは、24インチx12インチ(60cmx30cm)とかなり大判。スクエア単価も$3.80と高めです。狭い範囲ですからね。

石張りは先週終わったことになっていましたが、タイルとの継ぎ目の部分は、一つ残していました。

fireplace42.jpg

タイルも張ったので、最後の石張り。

fireplace43.jpg

タイル張り完成! でもこうして見ると、先週からあまり進んでいないような。いや、内容的にはかなり進んでいるんですけどね。来週は、いよいよ完成予定!

暖炉リモデルプロジェクト-7

先々週の週末は、石張りに専念し、ここまで来ました。

fireplace29.jpg

今回の週末は、石張りを完了させたいところ。
ところで、Eldorado Stoneには大きくわけで2種類あります。こちらは今回使ったCliff Stone。不規則なサイズの石で構成されています。

fireplace09.jpg

以前、外壁に使った石はStacked Stoneと呼ばれるタイプです。

fireplace30.jpg

一見不規則な形ですが、全ての石は同じ高さで幅は異なりますが全て長方形、パターンも10通りくらいです。

両方使っての感想ですが、施工のしやすさは圧倒的にStacked Stoneです。同じ高さで長方形なので、端部以外カットする必要がありません。カットする場合も、直線的にカットするのみ。
ところが、不規則な形のタイプは、とにかくカットの連続。そうは言っても、パズルのように組み合わせていけば、カットが必要な石は限られるのではないかと思ったんです。ところが、実際には、半分くらいはカットが必要でした。しかも、カットが2カ所になったり、曲線カットが必要だったりとかなり大変。作業にはマスク必須です。

fireplace31.jpg

ちなみにマスクですが、DIYショップで売っている物よりも、日本製の風邪用マスクがお薦めです。

とは言え、デザインが単調にならず面白いんで、効率性だけでは決められないんですけどね。

Installation Videoによると、Stacked Stoneは下から張るのが必須だけれど、不規則タイプは上からも張れることになっています。上から張れると、モルタルがこぼれて汚れることがないので、施工効率は上がります。ところが・・・、どう頑張っても上から張ろうとすると、ずり落ちてしまいます。絶対無理。
公式ビデオに載っているくらいなので、私のやり方が悪いんでしょうが・・・ 少なくとも簡単ではないです。おとなしく、下から張るのが正解だと思います。
それから、使用するモルタルはタイル張りに使うThinset モルタルが正解です。ビデオでは Type SかType Nを使うように解説しています。これは、普通のモルタルで、外壁に使った時はこの通りにしました。しかし、モルタルがこぼれやすく、かなり表面を汚してしまいました。近所で使用してある例を見ても、どう見てもThinset モルタルが使用されています。とにかく、Thinset モルタルの方が圧倒的に扱いやすいし、接着力も強力です。

土曜日にはここまで進みました。

fireplace32.jpg

もう少し! そして日曜日。

fireplace33.jpg

石張り完了! 気分は良いですが、ちょっと困ったことが・・・

fireplace36.jpg

余った石です。うん、この位の余裕は必要ですね。

fireplace35.jpg

ガレージにもこんなに!
後からマントルを追加した分、石貼りしなくて良い部分ができて、かなり余っちゃいました。この余り、どうしよう?

プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。