スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンにバックスプラッシュ

我が家のキッチンですが、カウンタートップのバックスプラッシュだけで、その上の壁はドライウォールそのままになっていました。

BS09.jpg

はっきり言って、本格的な料理はしないので、これでもほぼ実用的には問題ありません。しかし、妻からのたっての要望で、バックスプラッシュを付けることにしました。確かに、見栄え上もあった方が良いしね。
家のキッチンは窓が多いので、必要なのは2カ所だけ。

ここと、

BS01.jpg

ここ。

BS02.jpg

さて、どんなバックスプラッシュにするかが問題です。最近はガラスタイルが流行ですが、はっきり言って好みじゃない。数年経つと、あ~こんなの昔流行ったよね、と言われている気がします。マーブル(大理石)の落ち着いた色合いのタイルにしました。見栄え良く、千鳥状に張っていきたい、そして手間はなるべくかからない方法で。
というわけで、こんなタイルを購入しました。

BS04.jpg

開けるとこうなっています。

BS05.jpg

網状のシートに1sqf分のタイルが張ってあります。これなら簡単! もちろん、この形のまま張れるところは簡単ですが、端やコンセント部等は、タイルのカットが必要なのでそれなりに大変です。

まずは、邪魔なオーブンをどかします。ウワッ!!!

BS03.jpg

ネズミが三匹。
実はこれ、うちのネコのおもちゃ。最近見ないなと思ったら、こんなところに避難していたんですね。

BS06.jpg

モルタルではなく、より手軽なマスチックで張っていきます。バックスプラッシュならマスチックでOK。お手軽なので、半日で張り終わりました。
目地の色でも、ぐっと表情が変わりますが、安直に家に余っていた目地用モルタルを使いました。

BS07.jpg

もう少し、目地が濃いかと思ったのに・・・・

BS08.jpg

逆光でみにくいですが、タイルとほぼ同色でした。ま、良いか。
写真ではコンセントのカバーがまだ付いていませんが、この後、スペーサーで高さを合わせて、カバーも無事付けてほぼ1日で完成!
まずます、良い感じになったんじゃないかな?

スポンサーサイト

キャビネットに取っ手を付けた

キッチンキャビネットは、入居時に付けたものですが、これまでずっと取っ手無しで使っていました。一応、木の部分に凹みがあって、そこを掴んで開けられるようになっているので、機能的にはなくても良いのです。
とは言え、取っ手があると握りやすいし、ドアが汚れないし、何より見栄えが良くなります。取っ手一つ一つは安い物ですが、結構な数。数えてみると、キッチンと洗面所も含めると55個! 結構な額になるので、これまでついつい付けずにおりました。この度、遅ればせながら取っ手を付けました。

Before 取っ手を付ける前のキャビネット

Handle01.jpg

う~~ん、散らかっている!
取り付けは簡単。位置を測って、ドリルで穴を開けてネジ留めします。

Handle03.jpg

After
Handle02.jpg

なかなか良い感じ! Home Depot の得々10個パックだというのは内緒です。
他の場所もこの通り。

Handle04.jpg


丸いボッチは、得々セットのはイマイチだったので、ちょっと高めのにしました。

Handle05.jpg

Handle06.jpg

調子に乗って、洗面所のバニティにも付けちゃいます。

Before ゲストバスルーム
Handle09.jpg

After ゲストバスルーム
Handle07.jpg

Before メインバスルーム
Handle10.jpg

After メインバスルーム
Handle08.jpg

何だか、ぐっとゴージャス感が増した気がします。早く付けておけば良かった!

久々更新、エアーギャップの取り付け

大変ご無沙汰しております。
その後、四十肩ですがやっと回復してきました。
常に痛い状態から、腕を上げなければ痛くなくなったものの、腕が上がらない状態が続いていました。
90度までは上がるものの、それ以上は1度たりとも上がらない。そんな状態がずっと続いていましたが、ある日急に180度、つまり真上まで上がるようになりました。まだ、上げると痛いのですが、これは大きな回復です。
これまでは、リハビリも何も腕が動かせませんでしたが、今は自力で動かせます。後は、徐々に治るんじゃないでしょうか。しかし、たっぷり半年かかりました。

さて、そんな状態なのでヘビーなDIYはしていませんが、軽いネタはいくつか。今回は、キッチンシンクへのエアーギャップの取り付けです。

こちらでは、キッチンと言えば、ディスポーザーとディッシュウォッシャー付きが標準です。

ディスポーザー > 排水管
ディッシュウォッシャー > 排水管

とすんなり排水されていくのが本来の姿です。しかし、ディスポーザーが強力に排水をかき回すため

ディスポーザー > ディッシュウォッシャー

へ逆流する可能性があります。これを防ぐには、以下の2つの方法があります。

1. ディッシュウォッシャー排水管をできるだけ高く上げて、高低差で逆流を防ぐ。
2. エアーギャップを付ける。

エアーギャップってなんだか、すごい技術のような響きですが、原理は簡単。
water15.jpg
こんな風に、上下のパイプの間にエアーの空間があると、上から下にはすんなり水が流れるが、逆は無理ってことです。
当初は1の方法を取っていたのですが、あさみさんからカリフォルニアはエアーギャップの取り付けが義務づけられていると聞いたのと、どうもたまに逆流しているかもと思われることがあったので、エアーギャップを付けることにしました。

まずは、シンクへの穴開け。

water11.jpg

ステンレスなので、硬くて苦労するかと思いましたが、あっけなく空きました。高級感的には今一つのトップマウントシンクですが、このように穴の追加などは簡単で助かります。続いてディッシュウォッシャーからディスポーザーへの配管を外し・・・

water12.jpg

エアーギャップに配管します。

water13.jpg

エアーギャップを取り付けて完成。

water14.jpg

この家に引っ越してきて、キッチン関係をセットアップした際に、「ま、いいか」と簡単な方法を取ったのがいけませんでした。これでバッチリです。

Water Filter の改良

8月に取り付けたWater Filter。効果はてきめんで、水がとてもおいしくなりました。今回は、その改良作業です。

問題1 新設した蛇口からの水はおいしくなりましたが、もう一つの飲料水がおいしくありません。アメリカの冷蔵庫には、このような給水・製氷機がついているのが多いです。

waterfilter08.jpg

冷たい水や氷がすぐに使えて便利ですが、いかんせん水道水の味です。冷蔵庫内に一応フィルターは付いているのですが、小さなフィルター1個のみで、効果は知れています。これを以下の左から右に配管を変更します。

waterfilter09.gif

最初からそうしておけば良かったのに、と言われそうですが、マニュアルに沿って取り付たので、ついこうなってしまいました。水の出が悪くなるのでは、と少し心配しましたが、問題無し。冷蔵庫から冷水を汲んだ後も、ちゃんとフィルターが動作する音がしています。冷水もおいしい!

問題2 うるさい!
この製品のレビューにも載っていたのですが、ほぼ唯一の欠点がうるさいこと。タンク内の水を使うと、フィルターに水が通って、水を浄化し始めますが、その際不純物の凝縮された水を排水管に捨てます。

waterfilter10.jpg

チョロッ、チョロッというような微妙な音がします。タンクが満タンになると鳴り止みますが、たくさん使うと30分くらい鳴り続けます。テレビでも見ていれば気になりませんが、静かな時は結構気になります。でも気にしないようにはしていたのですが・・・
ある日、就寝前にたくさん水を使いました。すると、寝室でもチョロッ、チョロッと音が気になって眠れません。え~~い、もう我慢ならんと、対策することにしました。
対策方法は、極めてシンプル。排水管に捨てていた水を、外に捨てることにします。長いチューブに替えて、床に穴を開けて外まで引きまわします。穴開け作業が、少し大変でした。
そんなわけで、無事外で放水中です。

waterfilter11.jpg

不純物入りとは言え、元は水道水。捨ててしまうよりは、庭の水やりにもなるでしょう。おかげで、煩わしい音は完全解決! 同じタイプのフィルターで、ノイズに悩まされている方にはお勧めです。
さて、このチューブから水が出ているのも何か芸がないですね。小便小僧でも置いて、放水しましょうか。

Water Filter の取り付け

飲料水やお茶のお湯には、これを使っておりました。

waterfilter03.jpg

ところが、突然の故障。お湯が出なくなってしまったのです。これを解決するには、新しいディスペンサーを買えばいいのですが、ちょっと待て。長年の懸案を実行する良い機会です。
上の写真にあるように、飲み水はボトルウォーターを配達してもらっています。このボトルが5ガロン(19リットル)で、当然ながらかなり重い。玄関先まで配達はしてくれる物の、そこから先は私のお仕事。ディスペンサーに持ち上げるのも一苦労です。

この際、水道水を濾過してくれるフィルターの導入を検討することにしました。
この辺りの水道水も、衛生的には飲んでも問題ありません。しかし、コップを洗って乾燥させると、カルシウムで真っ白になります。かなりの硬水です。味はイマイチだし、長期間飲むと胆石になる怖れも?
そこで、フィルターの出番です。フィルターもとても簡易的なものから、何連にもなっているものなど、ピンキリ。正直どれが良いのかよくわかりませんが、しっかり濾過するためには、ある程度ステージ数の多い物が良さそうです。そこで、以下の条件を考えました。

1. 5ステージのフィルタ
2. レビューの評判がよい
3. フィルターの交換が頻繁でなく、コストも安い
4. お手頃価格

そこで選んだのが、
5 Stage Reverse Osmosis Water Filter System

換えのフィルターも、1年毎の交換で$40。これなら良いでしょう。
レビューについては、総合4.5点(5点満点)とかなり良いです。不評なのが、うるさいという意見が多い。フィルターでうるさいって一体? それとマニュアルがプアであると。

先週末、早速取り付けを行いました。

waterfilter01.jpg

思ったよりでかいです。果たして、シンク下に収まるのか?

waterfilter02.jpg

仮置きすると、ギリギリはいりました。良かった。
さて、レビューでも不評のマニュアルですが、全然ダメ。これで取り付けろと言うのが無理です。このメーカー、マイナーそうですが、実はメジャーなWATTSの製品とそっくりです。おそらくOEM品でしょう。WATTSのサイトで詳しいマニュアルをダウンロードできました。これで、バッチリです。

最初に必要な作業が、新設する蛇口用の穴です。ステンレスのシンクに穴開けするので、それなりに大変なわけですが、改めてシンク周りを見ると・・・ 

waterfilter04.jpg

蛇口の左側は、日本ではまず見ませんがスプレイヤーです。洗い物をする時のシャワーです。しかし、私の妻はこれを全く使いません。それなら、これを撤去して蛇口を付けても良いでしょう。

waterfilter05.jpg

無事に付きました。うん、ここはベストポジションです。
ちょっとトリッキーなのが、排水が必要なところ。

waterfilter06.jpg

不純物の入った水は、排水管に捨ててしまうんですね。排水管に穴を開けて、付属のアダプターに装着します。
後は、マニュアルに従って、設置します。

waterfilter07.jpg

さて、タンクの役割を説明しておこうと思います。5つものフィルターを通り、不純水は排水してしまうので、濾過された水はチョロチョロとしか出てこないわけです。そこで、タンクに溜めておいて、水不足を防ぎます。そして、適正な水圧が得られよう空気圧が掛けてあります。写真に見える青いキャップを外すと、タイヤの空気入れバルブと同じものがあり、空気の追加が可能になっています。

マニュアルに書いてあったとおり、満タン、一気に空を3回繰り返します。そして、濾過した水を飲んでみると、

うまい!

後、日本式の湯沸かしポットも買ってきたので、お茶の準備も万全です。

さて、レビューではうるさいというのが不評でしたが・・・ うるさいです。
濾過中に、不純水を排水しますが、その音がチョロチョロとうるさいのです。静かな真夜中にこの音がすると、たまりませんね。もちろん、タンクが満タンになって濾過が終わると音も止まるので、せいぜい数十分の辛抱です。これが我慢できなければ、外に排水する手もありますが、当面はこのまま様子を見たいと思います。

毎月$39位ボトルウォーターを買っていたことを考えると、すぐに元は取れると思います。省力化と節約が同時にできるのがよいですね。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Hideki

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。