スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年のDIY

2015年は、DIY ブログをすっかりさぼってしまいました。言い訳すると、DIYプロジェクトが完了するとFacebookに上げてしまうので、さらにブログ化するのが億劫になってしまいます。2016年は、その辺の棲み分けをはっきりしないとですね。

さて、2015年のDIYの成果、ベスト5を上げてみたいと思います。

5位 トイレの交換
toilet.jpg

年末に、ゲスト用トイレを交換しました。きっかけは、タンクから便器への水漏れ。中のパーツ交換で直るはずなんですが、ちょっと特殊なパーツで入手困難。そこで、丸ごと交換しました。蓋が黄ばんでいたし、節水タイプにもなって、結局良かったと思います。

4位 パームツリーの剪定
palm.jpg

このブログでも紹介しました。高所作業で大変ですが、かなり節約になったはず。

3位 プールライトのユニットを交換
pool1.jpg

pool2.jpg

しばらく、付いていなかったプールライト。バルブ交換で復活しなかったのでしばらく放置していました。ユニットの交換で復活。夜の美しさも復活です。

2位 スプリンクラー改修
splinkler1.jpg

一点は、バルブ増設。水を撒く噴射口を大幅に増やしたのですが、当然水圧が低くなってしまいました。そこで、バルブを一系統増設。しっかり、水が出るようになりました。
それから、水漏れが多発していたサポテン園周りの引き直し。これは、パイプがどこを通っているのか見つけるのが困難であちこち掘り出して大変でした。

1位 ガレージの屋根を交換
roof1.jpg

roof2.jpg

roof3.jpg

ガレージは、古い砂利の屋根。以前からやりたかったけれど、ビッグプロジェクトだけになかなか手をつけずにいました。雨季に突入する前に、ついに実行。乾季は滅多に雨のないロサンゼルスですが、ルーフィングを張った直後に大雨。助かりました。休日は当然フルに、平日の夕方も作業を実施したりして、1ヶ月ちょっとで完成。出来栄えも満足でした。
こうなると、母屋の屋根もDIYで替えたくなるところですが、今回の経験でそれは難しいと実感しました。作業そのものは可能ですが、やはりDIYだと期間がかかる。屋根が裸の状態で、母屋に雨が降ると悲惨です。人数をかけて、一気に進めないと駄目ですね。いずれ、プロにお任せすることなると思います。

というわけで、ブログはさぼりましたが、DIYは活発な1年でした。2016年は、何をやろう。
スポンサーサイト

パームツリーの剪定-2

いよいよ、パームツリーに登ります。

Palm207.jpg

結構順調です。てっぺんに到着。

Palm208.jpg

上で皮剥ぎ。

Palm208.jpg

レシプロソーで余分な葉を落としていきます。

Palm209.jpg

すっきりしました。あと、5本。

Palm209.jpg

ファンパームは、登りやすさも違う感じ。

Palm211.jpg

カット前とカット後がよくわかります。

Palm212.jpg

完了!すっきりしました。

Palm213.jpg

パームの剪定は、高さが恐いのですが、それさえ克服すれば楽勝と思っていました。実はかなり体力勝負でした。

Palm214.jpg

作業が終わって死んでいます。体力の限界!
上にいるだけで、かなり足に力を入れてツッパていなければならず、かなり消耗します。これ見てやってみる方は、安全対策はもちろんですが、体力も鍛えておいてください。

パームツリーの剪定-1

成長したパームツリーはかなりの高さになります。梯子で届くうちは良いのですが、その高さを越えると大変です。庭師に剪定してもらうと、1本$500~$1000とも。家には剪定の必要な高いパームツリーが6本あるので、大変です。1〜2年に1回は剪定が必要です。だったら、自分でやりましょう。

まずは、現状確認。

Palm203.jpg

半分枯れかかった葉がぶら下がりつつあります。これはクイーンパーム。そこまでひどくはなく、完全に枯れると葉が落ちることもありますが、その時は結構ひどい状態になります。

続いてファンパーム。

Palm204.jpg

こっちは、剪定しない限り、決して葉は落ちてきません。2年でこの状態。結構ひどいですね。全く剪定しないと、こうなります。

Palm202.jpg

こうならないように、定期的に剪定するしかありません。

こちらはキングパーム。

Palm205.jpg

剪定後か?と思うほど、綺麗ですね。実は全く剪定していません。葉が古くなってくると、勝手に葉が落ちてきて常に綺麗な状態です。メンテナンスフリーで良いですね。メンテナンスフリーにしたい方には、キングパームはお薦めです。

ちなみに街路樹に多いのが、決して葉が落ちないファンパーム。メンテナンスフリーのキングパームにすれば良いのにと思いましたが、考えてみると葉っぱは結構大きいです。葉が落ちて車や歩行者を直撃すると、事故にもなりかねないので、ファンパームが主流なんだと思います。

高所で剪定作業をするには
・梯子を使う
・高所作業車を使う
・木に登る

の方法があります。梯子は自ずと限界がありますね
街路樹は高所作業車を使うことが多いですね。庭だとたいてい車が入れないので、高い木は登るしかないです。登るための専用ギアがあります。

Palm201.jpg
それなりのお値段ですが、プロに任せることを考えれば、すぐに元が取れます。
いざ、出陣!

Palm206.jpg

6年越しのスプリンクラー修理-2

明けましておめでとうございます。
2014年は、DIYはそれなりにやっておりましたが、ブログをかなり放置してしまいました。2015年はもう少し、色々とご紹介できればと思います。

さて、スプリンクラー修理の続きです。

元栓のすぐ直下に水漏れカ所あるんではないかと期待しましたが、さすがにそううまくは行きませんでした。次は、コンクリート歩道の向こう側。見失わなければ良いのですが。

Splinkler07.jpg

反対側を掘ると、パイプが出てきました。コンクリート下で、コースを変えていなくて良かった。このまままっすぐ延びていくのかと思ったら、右に進路を変えて、コンクリート歩道沿いに埋まっていました。

Splinkler08.jpg

そして、少しずつ距離を空けて掘り返してみました。配管はありますが、水漏れの気配はありません。掘り進んでいくと・・・

Splinkler09.jpg

配管が、下に向きを変えました。あまり潜ってしまうとやっかいです。穴掘りというのはなかなかの重労働。ここまでやったからには、後には引けません。行けるところまで行きます。どんどん下に掘り進むと、60cmの深さまで潜りました。
すると!!! 周りの土が明らかに湿っています。遂に見つけました!

Splinkler10.jpg

結局継ぎ手の部分が完全に抜けていました。一度はそのまま接着してみましたが、やはり漏れてしまう。
そこでこの部分を、ごっそり交換します。
取り外した部分です。

Splinkler11.jpg

なんだか、グネグネしていますね。シンプルに繋ぎました。

Splinkler12.jpg

埋め戻した後も、一部パイプが見えていますが、メンテナンス上この方が良いと思います。

そして、本当に漏れがないかチェック。

Splinkler13.jpg

写真では見えにくいですが、青い指針が微量の流量も検出します。これがピタッと止まっている!遂に、5年越しに水漏れ修理完了です。実際は、数え間違いで6年でした。

作業的には地味でしたが、長年の懸案を遂に解決できたと言うことで、取り上げました。

5年越しのスプリンクラー修理-1

我が家の庭は結構広いのです。庭にはスプリンクラーがくまなく行き渡っているので、水道代も馬鹿にならない。しかし、水をやらないと庭の植物はてきめんに枯れていくので、それは仕方がない。
ところが、5年ほど前水道代がド〜ンと上がったことがあります。どう考えても、庭のどこかで水漏れしている。しかし、広い庭から水漏れカ所を探し出すのは至難の業。そこで、当時行った対策がこれ。

Splinkler02.jpg

スプリンクラーの元栓部分に、タイマー式バルブを設置し、スプリンクラーの作動中のみバルブを開けるようにしたわけです。これにより、スプリンクラー作動中はあいかわらず水漏れしているものの、それ以外の時間の水漏れはカット。これで、水道代はほぼ元に戻りました。
ところが、5年経った今年、このタイマー式バルブにトラブル発生。バルブが開きっぱなしになっていたのです。そうとはさっぱり分からないので、気がついたのは水道代の突然のアップから。いきなり$250!
これは、5年前よりかなり高い。おそらく、漏れもかなりひどくなっているのでしょう。
タイマー式バルブを交換するのも手ですが、ここは一つ気合いを入れて完全に解決したいところ。いくつかのバルブの開け閉めで、ある程度場所は絞られました。元栓と次のバルブの間です。元栓近くなら、修理は可能。しかしそこを離れてしまうと地中深く埋まっており、探し出すのは困難です。元栓近くと希望的観測をもって、作業開始。
元栓の周りは白砂利を敷き詰めていましたが、取り除きました。

Splinkler05.jpg

そして、穴を掘ると。

Splinkler06.jpg

水漏れの気配はなく、コンクリート歩道の下を抜けています。やはりそう簡単にはいかないようです。
プロフィール
ロサンゼルス在住のHidekiです。

Author:Hideki
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。